FC2ブログ

双輪は南柯之夢を見る

念願のロードバイク(Felt F95)を手に入れ、今日も東奔西走。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ほぼ一カ月ぶりの更新。今回は、恒例の後輩E本君との合同ツーリング。
コースはこちら。目指すは、小菅村は白糸の滝。
まずは、奥多摩湖まで車で移動。
E本君のご厚意でお借りしたアルテグラのホイールに換装する。
うむ。なかなかいい感じだ。
CIMG5108

今までは愛車のEscape R3に標準装備されていたホイール(愛称”鉄下駄”)を使っていたので、その違いが如何程のものであるのか楽しみである。

準備ができたところで出発。
「雲一つない」というのが比喩ではないくらいの晴天に恵まれ、春の陽気に包まれた4月初日。
平日ということもあり車通りはほとんどなく、我々のホイールが鳴らすラチェット音のみが鳴り響く、静かで穏やかな空間。
CIMG5113

一時間もたたぬうちに山梨県は小菅村に到着。
CIMG5117

ここまで登り基調ではあったがきつい坂はそれほどなく、とても走りやすい。
そしてなんといっても新ホイールの快適なこと!巡航速度が2,3キロは速くなる。
どうやら私は今まで乗っていたのはスポーツバイクではなかったらしい。ママチャリに毛の生えたしろもの。

そして小菅村の中心部へ。なかなかのどかで良さそうなところ。
CIMG5121

白糸の滝へはここからさらに登る。途中からダートになり、自転車を降りて押していく。
そして3,40分後、舗装路が復活しもう少しで到着というところで・・・。

がけ崩れで立ち入り禁止でした。

・・・しかたなく入口で記念撮影し、泣く泣く来た道を引き返す。
CIMG5124

気を取り直して、次の目的地「小菅の湯」へ。
先ほどの村中心部まで戻り、そこからちょっとしたヒルクライム。15分ほどで到着。
CIMG5127

脱衣所で全ての衣服をキャストオフし、一通り体を洗った後、揚々と湯船に飛び込む。

っか~、最高~♪

アルカリ性のやや粘度を持った泉質。ぬるすぎず熱すぎない水温。
そして、一般ピープルが働いてる平日昼過ぎの中怠惰な快楽におぼれる、この背徳的な解放感!

そんなダメな大人っぷりを存分に発揮する我々を、ドラえもんは笑みをたたえつつ眺めるのであった。
CIMG5129

そして、温泉と言ったら牛乳であろう。これはもう日本人の義務であり作法である。
ジャパニーズ・トラディッショナル・スタイルで一気に飲み干す。
CIMG5130

温泉の休憩所でまったりした我々の心はもはや風前のともしび。
もう動きたくないでござる!

そうはいっても、車の置いてある奥多摩湖までは自走せねばなるまい。それに帰りは下り基調なのでそれほど大変でもなかろう。
覚悟を決めて再び走り始める。
空はまだ青く、白い飛行機雲がはっきりと描かれる。
CIMG5119

そして一時間弱で奥多摩湖に到着。
今回のまったり奥多摩ツーリングは無事に終了したのであった。
白糸の滝が見られなかったのは残念だったけれど、天気、コース、そして新ホイールの快適さと、最高のツーリングになったと思う。
CIMG5136

この後E本君に浅川まで送ってもらいそこから自走して帰るも、夜の川沿いの心細さに半泣きしたのはまた別のお話。
CIMG5140

今回の記録
 走行時間:4:06'34"
 走行距離:59.65km
 平均速度:14.5km/h
 最高速度:42.4km/h
スポンサーサイト

お疲れ様でした!
目的地に到着できなかったのは残念でしたけど、距離&負荷共にポタっぽくて良かったんじゃないかと思います。
江の島ポタも4月中に行きたいですね♪

2011.04.03 21:45 URL | TaQ #mQop/nM. [ 編集 ]

> TaQさん

白糸の滝はまた今度の機会に行こう!
江の島ツーリングもそれほど負荷の無い行程になりそうです。

2011.04.03 22:14 URL | Masa325 #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://masakono18.blog98.fc2.com/tb.php/241-7e3f8ef1

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。