双輪は南柯之夢を見る

念願のロードバイク(Felt F95)を手に入れ、今日も東奔西走。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
全国的に大学は学園祭シーズン。というわけで仕事もひとまずお休み。
天気も絶好で遠出することにしたわけである。
RIMG0003

雲ひとつない好天。
本来ならProject Motoの続きとして伊豆半島を半周するつもりだったけれどもろもろの事情で断念。
その代わりに、かねてより気になっていた鶴峠を目指すことにした。もちろん自走で。


おなじみ浅川CRを走っている途中ふと河川敷に目をやると・・・
RIMG0005
こ、これはわが故郷信州発祥のエクストリーム・スポーツ『マレット・ゴルフ』じゃないですかー!(wikipediaだと福井県発祥となってるけど気にしない。)
けど見た感じまだまだだな。真のマレッティスト(マレットゴルフをする人の意)は森の中で木と木の間を縫いながらプレーするのだよ。


RIMG0008
浅川のコスモス


浅川から甲州街道に出て高尾山口まで登る。
RIMG0012
平日だというのにこの賑わい。補給食を購入し早々に立ち去る。

そしてここから本格的なヒルクライム。
今日はこの後にもう一つ(とこの時点では思っていた)峠を登るので、極力負荷を落として心拍数を一定に保つ。
RIMG0013
そのおかげで多少時間はかかったものの、ほとんど疲労なく登りきることに成功!
相模湖まで一気に下る。


藤野駅で甲州街道を外れ、小さな県道へ。
RIMG0016

なんとものどかでいい感じ。・・・と思っていたら、
RIMG0019
いきなりこれ。急坂の林道。
こういうとききまって頭の中にこの曲(音量注意)がリピート再生される。

この後も何度もアップダウンを繰り返し、ようやく山梨県へ。
RIMG0023
山奥だけど一応「市」らしい。きっともともとは「なんとか村」だったのが多分平成の大合併で市に併合されたんだろうな。


しばらくいくと、ついに文字通り、運命の分かれ道。
RIMG0027
ここを右に行けば比較的短い距離で東京に戻れる。そして県道18号が今日の目的地「鶴峠」。
自分の体力も考え、今回は右にエスケープするという選択肢もある。
・・・が、今日は覚悟を決めてここに来たッ!
「覚悟とは!!暗闇の荒野に!!進むべき道を切り開くことだッ!」(荒木,1997)
というわけで県道18号を選択。いよいよ鶴峠へ。


・・・と思いきや細かいアップダウンや小さな峠がいくつも立ちはだかる。
RIMG0036
なんだこの峠。こんなの地図にも載ってなかったぞ。

そしてこのあたりの住民か?と思ったら・・・
RIMG0031
RIMG0034
RIMG0038
こんなのが6か所ぐらいに点在している。
なんなの?この辺じゃこういう前衛アートが流行ってるの?


だんだんと足も疲弊してきたところで
RIMG0039
ようやく小菅村に入る。ここから鶴峠の最後の登り。

RIMG0040
ラスト2kmは10%以上の坂が絶え間なく続く。
このころになると足も完全に売り切れていたため小休止を挟みつつ確実に登る。

そして・・・
RIMG0041
鶴峠に到着ー!!
特に標識とかはない。さっきの小さな峠にすらあったのに・・・。
RIMG0043
眺望はそれほどでもない。

まあ、そんなことはどーでもいい。無事登頂できた喜びを一人かみしめる。


ここからは基本下り。
もう少し気温が高ければ爽快なんだろうけど、いかんせんこの季節にダウンヒルは結構つらい。
RIMG0044
一気に東京都へ。

そして奥多摩湖の深山橋を渡ろうとした矢先。
!?
どこかで見たことある顔が・・・とおもったら、おなじみTaQ君でした。
RIMG0045
これから風張峠を登るらしい。なんという偶然。
いや、『自転車乗り(スタンド使い)と自転車乗り(スタント使い)はひかれ合う』(荒木,1993)。これも必然か・・・。
少しばかり談笑し、「じゃあ、おじさんも一緒に登っちゃおうかなー」とはもちろん言わず、別れる。自分に体力があれば一緒に行くんだけれど。


RIMG0047
奥多摩湖到着。
16時前。この調子なら18時には帰れるかな。


そう思ってた頃が私にもありました。
奥多摩湖から青梅までの距離を完全に見誤り、多摩サイに着いた時には・・・
RIMG0051
     , -― ''"^'ー- 、
    /_, -――- 、、 ヾ-、
    l'´ ,..::'! .: {i,  ヽ、` 、` ー┐
    l _, 。ィ' li:.、ヒァ'  ヽ lj  /
   ノ  `ヾ、.:'.::`ミ/゙'、  Y^iイ_
  /  ⌒';,゙i, ri:.:i .::' メ、、_ノiトミ> <(真っ暗で)前が見えねェ
  l    ,:' /,';;;}:.ヾ:.   八リ
  丶    ' {;!゙' ::..  ,ィ'  ヽヽ
    ゝ---- ― ァ'" ヽ
 (( イ    てヽ、{ そ ノ
   } 丶、、__(⌒Y⌒)i-、
   l   , -‐Z二二二ニ'^ー 、
   └r- ( (/ r==ュ  )  ) ))
     〉―ト(T)二二二二 彡イ
    ,)  ,l       |l!   l
   ゝ―ri,    シチュー l
   ` ̄´ l,         ,l
     (( l         /
       丶、、___ ノ

鳥目な自分はゆっくり行くことにする。
RIMG0053
10時間ぶりの多摩モノレール(写真だとブレてるけど)。
最後の力を振り絞り、19時過ぎに無事帰宅!
こんかいも何事もなく(?)旅を終えることができました。
そしてサイコンをみると・・・

走行時間:8h03'52"
走行距離:140.01km
平均速度:17.4km/h
最高速度:53.2km/h

・・・そりゃあ疲れるよね。
けど最近の片足ペダリング練習の成果ですこしは効率のよいペダリングができるようになったためか、走行距離の割には疲労が少ない。あとは根本的な筋力が必要かなー。

まあなにはともあれ楽しいツーリングになりました!!

・今回のコース(GPSのバッテリー切れで途中まで)



引用文献
荒木飛呂彦 (1993). 山岸由花子は恋をする その1 ホーム社(編) ジョジョの奇妙な冒険 32 集英社 pp.9.
荒木飛呂彦 (1997). ホワイト・アルバム その6 ホーム社(編) ジョジョの奇妙な冒険 55 集英社 pp.117.

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

140kmとは!
かなりのロングライドになったんですね~。
それにしても奥多摩での偶然の出会いは本当にびっくり&笑えましたw
『自転車乗り(スタンド使い)同士は引かれ合う』名言ですね。

運命の分かれ道を右に曲がると、甲武トンネルを経由して五日市まですぐに出れますよ。
こっちのルートもなかなか楽しいのでよかったら挑戦してみてください~。

2011.10.29 02:13 URL | TaQ #mQop/nM. [ 編集 ]

いやー昨日はびっくりしたね。
二人とも自転車乗っててあの場所で遭遇する確率っていうのくらいのものなんだろうか…。

今回のでそこそこ走れる自身がついたのでいよいよ柳沢峠に登っちゃいますか?

2011.10.29 06:40 URL | Masa325 #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://masakono18.blog98.fc2.com/tb.php/271-959aaa45

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。