FC2ブログ

双輪は南柯之夢を見る

念願のロードバイク(Felt F95)を手に入れ、今日も東奔西走。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
年末年始をほぼ外出することなく冬のナマズのように怠惰に暮らしていたせいで、心身ともに場末のラーメン屋の麺のように弛緩しきってしまった私。
今年は、結局昨年度ほとんど進まなかった「Project Moto」を少しでも進行させるため、東京湾一周伊豆半島完結を目標としている。
このままではまずい、と意を決しちょっくら本気で遠出してきた。



が、これがいけなかった。


今回の目的地は鋸山林道。
ピークは標高900mを超える都内でも屈指の峠道。が、なぜかあまりメジャーではない。
五日市側から登るルートと奥多摩駅周辺から登るルートの2つがあり、出発時は特にどちらから登るか決めてはいなかった。


RIMG0006

いつものように多摩サイを行く。富士山がきれいだ。
しかし、少し向かい風が強い。これは早めにサイクリングロードから離れるのが賢明であろう。
というわけで、五日市側から登ることにした。

しかし、この判断が後の悲劇を招くことに。というかこのパターン多いな、いい加減学べよ自分。



五日市街道から檜原街道をつないでずんずん奥に行くと都内とは思えない山深い風景が。
そこでこんなものを見つけた。
RIMG0008

これ自体は別段面白くもないんだけど、その解説が

RIMG0009

「本会会長も~」のくだり、おもいっきり私事じゃん!いらないから、この情報はいらないから!



RIMG0012
檜原村役場前のT字路。
ここを左折すると風張峠。ほとんどの自転車乗りはそちらに向かうが、今回自分は右折方向へ。

RIMG0015
北秋川沿いをどんどん登っていく。
これだけ山深いのに意外と集落が点在している。最寄り駅は武蔵五日市で、多分車で20分はかかるだろう。ここに住むのは大変だろうな。




ようやく集落も無くなりキャンプ場をすぎたところで
RIMG0016

神戸岩に到着。
どこかに「東京の隠れたパワースポット(笑)」とか書いてあったけど、こりゃーすごいと素直に感じる。
ちなみに解説ホイ。
RIMG0019
なるほど、わからん。化石とか採れそうだな。



せっかくなのでちょっと見学していくことに。
こんなとこ誰も来ないだろうと思っていたら、大学生くらいのさわやかカップルが。
こんな山奥で、はあはあいいながら汗だらだらでレーパンはいた自分はどうやっても不審者です。本当にありがとうございました。

さわやカップルの痛い視線を浴びながらまで降りてみる。
RIMG0025

うん、なかなか面白い地形だ。
しかし足場は・・・
RIMG0024
押すなよ!絶対押すなよ!!

しかし、スペインに似たような地形あったな。あっちはもっと本格的で落ちたら死ぬけど。



こんなところで一人で盛り上がってても逆にさみしくなるだけなので先を急ぐことに。
そしてここからヒルクライムの開始!
RIMG0028

いきなり7,8%くらいの傾斜が襲う。が、こんなのは想定済み。
まあ頂上まで5km足らずだし余裕でしょ。どんどんかかってきなさい!

RIMG0029

ちょ、ちょっと飛ばしすぎじゃないですか。いや、手加減しろって言ってるわけじゃないんですよ。まだまだ自分平気ですし。
でも緩急とかってあるじゃないですか。

RIMG0030

すいません。ごめんなさい。もうしません。本当許してください。すいません。

一回も足付かないで登るとか、「炎のチャレンジャー これが出来たら100万円」的なノリは封印し、休み休み行くことに。
まあ、いつかは頂上に着くんだし、あせらず行けばなんとかなるでしょう。



なんとかなるってレベルじゃなかったです、結論から言うと。
あとからGPSのデータで確認してみたら、林道入口から頂上までの平均勾配が14.8%!
もうね、(無計画でこんなところに来てしまう自分の頭脳が)あほかと。馬鹿かと。

それでも自転車を押して歩くということはせず、すべて自転車で登りきるという美学(笑)は貫き通すことに。
そして・・・
RIMG0035
何とか登頂!
標高994mでした。多分都内の車道じゃ2番目の高さだと思う。

RIMG0036
奥多摩・秩父の山々。さすがにここから鋸山のてっぺんまで徒歩で登る気力はありませんでした。そんなことしたら遭難するって、絶対。駄目、絶対。



さて、ここから奥多摩方面へダウンヒル。しかしこれも大きな罠。
なぜなら・・・
RIMG0037
こちら側の路面はかなり悪い。かつ急こう配。
そう。鋸山林道は奥多摩から登り五日市側に降りる、が正解だったのだ。向かい風きついから五日市から登るとか、ほんとどんな判断だよ自分・・・。

そんなわけで、ブレーキを全力で握りながらそろそろと降りなければならないのだが・・・全然ブレーキ効かねぇ。
生半可な筋トレよりもよっぽど握力鍛えられるぞ、このエクササイズ。

命の危険を感じノルアドレナリンが出っぱなし。
なぜか脳内には「愛のために ガキ使ver」(奥田民生)が流れ出す。

RIMG0038

そんなわけで、奥多摩駅まで無事に戻ってこれた時には心底ほっとしたものだった。
この後、ヒルクライムでずたずたになった足とダウンヒルで冷え切った体に鞭打ちながら帰宅したのだけれど、特に面白いことも無かったので割愛。



こんなわけで新年早々からフルスロットルで飛ばしております。おそらく今後もこんな感じでやっていくことになろうと思いますので、2012年も生温かい目で見守ってやってください。

・今回の記録


走行時間:5h42'12"
走行距離:100.43km
平均速度:17.6km/h
最高速度:40.2km/h

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

やはり鋸山林道はイカレてますね~(褒め言葉)
なんどか挑戦しようと計画しましたが、実行せずに良かったと思っています(汗)
さて、そろそろ新年サイクリングの計画を立てたいですね(^^)

2012.01.13 21:30 URL | TaQ #V4rYaZBU [ 編集 ]

しばらくは峠は行きたくないと思わせるくらいきつかったね~。
五日市側からだと和田峠×2という感じ。
ヒルクライムに自信がついたらぜひ行ってみてはw

2012.01.13 23:30 URL | Masa325 #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://masakono18.blog98.fc2.com/tb.php/283-c1b63b49

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。