双輪は南柯之夢を見る

念願のロードバイク(Felt F95)を手に入れ、今日も東奔西走。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
二日目。まずは曹洞宗の大本山(だった)総持寺に向かう。
ちなみにうちは曹洞宗らしい。前は浄土真宗って言ってたような気がするんだけどなー・・・気のせいか。
RIMG0169
境内に法に向かってる途中、古道センサーがビビッと反応。
RIMG0174
ふーむ蛾山道の起点とな。
ネットで検索してもあまり情報は出てこない。しかし興味あるな。

RIMG0175
立派な山門。
しかし能登半島地震により深刻な被害にあったそうだ。たしかに建物の所々にひびが入っていた。



RIMG0187
その後、世界一長いベンチで昼食をとり、

RIMG0200
能登金剛の巌門でサスペンスドラマの気分を味わったのち金沢へ。



2012-05-04_15-46-09_910
寒々とした雨の中金沢を散策し、ホテルへ。

その後、ホテル近くの千成亭という洋食屋で夕食をとる。
RIMG0205
これがなかなか美味かった。店内も昭和の定食屋という感じで雰囲気が良く、いかにも孤独のグルメに出てきそうなお店。
お勧めです。




三日目。
まずは永平寺へ。
2012-05-05_09-02-49_181
入ると、まずは坊さんから見学上の注意点について説明を受ける。建物は映してもいいけど坊さんにカメラを向けないように、とのこと。

2012-05-05_09-13-24_851
この絵は教科書などでよく見るな。

2012-05-05_09-22-35_774
かなり勾配が急。毎日丁寧に掃除しているせいか、床がつるっつるですべっすべ。

2012-05-05_09-39-15_323
ごみばこ。この当て字が素晴らしい。日本語の優れている点だと思う。

2012-05-05_09-43-01_486
素晴らしいお寺だと思うけど、いかんせん見学客が多い。こういうところは静かに一人で見学してみたい。
まあ有名なお寺だからしょうがないけど。



そして、一乗谷朝倉氏遺跡へ。ここは今回の旅で一番楽しみにしていたところ。
2012-05-05_11-01-03_795
この辺一帯が400年以上も土の中に埋もれていたなんだ信じられない。
今も発掘調査が進められていて、その一部が復元されている。
2012-05-05_10-46-48_335

2012-05-05_11-10-51_139
館は無くなっても庭はそのままの形で残っている。兵どもが夢のあと

2012-05-05_11-21-13_594
朝倉氏の館跡で歌詠みの会が行われていた。
あとで復元模型で確認したところ、参加者が座っている位置はちょうど上殿のあったところのようだ。



ところで、ここ一乗谷は剣豪「佐々木小次郎」ゆかりの地でもある。
朝倉氏遺跡から車で5分ほどの一乗滝に行くと
2012-05-05_11-43-49_972
ん?小次郎の剣にしては短すぎる気が・・・。

2012-05-05_11-46-26_59
秘剣燕返しはここで編み出されたらしい。



2012-05-05_13-17-54_572
その後、親父殿たっての希望で大野市の越前そばを食し、十分腹も膨れたところで帰途についた。
北陸地方は歴史のある街が多くなかなか魅力的だったと思う。また、車道は交通量も比較的少なく、自転車でツーリングするのにも向いていると思う。
今度は一人でじっくり見学したいものだ。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://masakono18.blog98.fc2.com/tb.php/293-34990882

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。