双輪は南柯之夢を見る

念願のロードバイク(Felt F95)を手に入れ、今日も東奔西走。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今まで主に二人で活動してきた「over30 自転車競技部」だったが、今回新たなメンバーが加わることになった。
大学院の後輩で今も腐れ縁が続いているY谷君である。
厳密に言うとまだ三十路前なのだが、自分よりも見た目はおっさんなので入部を許可したのである。
そんなルーキーY谷をつれ、E本君と今回は奥多摩まで登る。
目的はズバリ、登りでへろへろになるY谷君を見ることである。


朝10時立川駅に集合。とりあえず多摩川をさかのぼる。
が、意外とY谷が速い。小径車であるにもかかわらず、平坦は自分よりも速い。体がでかいだけのことはある。
RIMG0053
奥のGiantの小径車がY谷の愛車。そういえば愛称を聞くのを忘れた。なんなら私が付けてやっても良いけど。


青梅で昼ごはん。
RIMG0055
E本くんおすすめの大正庵で舌鼓。

RIMG0054
とろろそば美味しゅうございました。


さて、ここからが本番。徐々に勾配も上がってくる。そして、E本君、Y谷君から後れを取り始める。
体の大きな二人に比べ、どうしても筋力の無い自分は中途半端な勾配が一番苦手手ある。
やばい、このままではY谷がへろへろになる前に自分が疲れきってしまう。

いや、・・・しかし・・・。
ちょっとした悪だくみのため、あえて自分のペースでゆっくり登る。


RIMG0056
「もえぎの湯」の近くの湧水で顔を洗うY谷

RIMG0057
東京最西端のコンビニをみつめるY谷


奥多摩駅までは、比較的元気だったY谷。あいかわらず、自分より速いペースで先行する。
しかし、ここからさらに勾配が上がり始め、ここまでの疲労と相まって徐々にY谷のペースが落ち始める。
そして4つ目のトンネルを抜けた先でついにY谷停止。
計画通り
やはりまだ登りの経験が少ないせいか、オーバーペースで足を使いきってしまったらしい。
無理してE本君についていったのが君の敗因なのだよ、Y谷。

当然待ってやる義理も無く、ここまで温存していた足を一気に解放!本気のダンシングで踏みまくりY谷をちぎっていく。
そんなこんなで、山頂付近で何とか先輩の貫録を見せつけることに成功。
一方のY谷は・・・
ytani
すべて出し切ったという感じ。


ダムの近くの休憩所で休んだのち、今度は一気にダウンヒル。
RIMG0063
一気に青梅まで下る。
そして、多摩川CRの入口までE本君に連れてきたもらい、ここでE本君とはお別れ。
E本君の協力もあり、なんとかY谷をちぎることができました。ありがとう!


あとはだらだらと立川駅へ。
復路は先輩らしくY谷を引っ張り続ける。往路はずっと最後尾だったことはここだけの内緒だ。

そして無事立川駅到着。Y谷は輪行の準備をする。
と、ここで恐ろしい事実が発覚。
RIMG0071
クイックリリースレバーが開きっぱなし・・・ガクガク(((( ;゚Д゚))))ブルブル

まあ、ともかく3人とも無事に帰ってこれて良かったよかった。
私「今度は箱根峠のぼろうか?」
Y谷「いや、いいっす・・・」
まあ、ともかく今日はゆっくり休むのだ。今は疲労困憊でもきっと峠に登りたくなるから。
RIMG0080




走行距離:111.06km
走行時間:5h28'27"
平均速度:20.3km/h
最高速度:47.1km/h
平均心拍:150bpm
ケイデンス:79rpm

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

どもども!
Y氏を”囲む会(千切る会)”の目的を達成できましたねw
ただ、これで自転車がイヤになってないかが若干心配です(^^;
次回は横浜方面ですかね?

2012.06.27 23:56 URL | TaQ #mQop/nM. [ 編集 ]

> ただ、これで自転車がイヤになってないかが若干心配です(^^;
言われてみると確かに。彼の豆腐メンタルをすっかり忘れていた・・・。
じゃあ、次回はY谷の行きたいところをまったりと走るツアーでも考えますか。

2012.06.28 20:10 URL | Masa325 #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://masakono18.blog98.fc2.com/tb.php/296-4636458d

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。