双輪は南柯之夢を見る

念願のロードバイク(Felt F95)を手に入れ、今日も東奔西走。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
はいどーも、masa-konoです。
今年も、東日本復興支援イベント「サイクルエイド」に父と一緒に参加してきました。
今回は6月8日の白石周回コース(75km)にエントリー。はてさて、今年も無事に完走できるでしょうか?・・・主に親父殿が。

そんなこちらの心配ごとをよそに、高速をかっ飛ばす父親。
話を聞くと、仕事を引退してから毎日2時間ほど自転車に乗ってたり、最近四国88か所を自転車と車で回るという試みを始めたそうな。でも最近になってヘルプで、2ヶ月間限定で現場に復帰したらしく、途中で切り上げてきたそうな。
うん、相変わらずアクティブな父だ。これなら今年は大丈夫そう。去年は終わった後青色吐息だったけど。



15:30 白石市到着。
宿に行くにはまだ少し早いので、市内を観光することに。
RIMG0168
RIMG0168 posted by (C)masa-kono


城来路(シロクロード)という素敵な小道を歩いて行くと、白石城に到着。
RIMG0174
RIMG0174 posted by (C)masa-kono
RIMG0172
RIMG0172 posted by (C)masa-kono

意外、といっては失礼かもしれないけれど、けっこう立派な本丸。
個々の城主であった二代目片倉小十郎という武将は、伊達正宗の優秀な臣下であり、真田信繁(幸村)とも因縁深いかんけいであるらしい。
なるほどなー、と思いながら案内板を見ていると、何やら背後に視線が。そーっと振り向くとそこには・・・

RIMG0179
RIMG0179 posted by (C)masa-kono

なんぞこれー!びっくりしたなぁ、もう。



おつぎは城の周りを散策。
RIMG0180
RIMG0180 posted by (C)masa-kono
RIMG0185
RIMG0185 posted by (C)masa-kono

雰囲気の良さげな街並み。小川のせせらぎに心がいやされる。
城から5分ほど歩くと武家屋敷が。
RIMG0182
RIMG0182 posted by (C)masa-kono

歴史的建造物マニアの父が疾風迅雷のごとく中に入っていく。
RIMG0184
RIMG0184 posted by (C)masa-kono
RIMG0183
RIMG0183 posted by (C)masa-kono

思ったより大きくない。ここに住んでいた武士はランク的に中の下くらいらしいんだけれど、それにしても手狭だ。田舎の豪農のほうがよっぽど広い家に住んでいたんじゃないだろうか。
昔のお侍さんは大変だったんだなぁ。

RIMG0191
RIMG0191 posted by (C)masa-kono
図1.昔のお侍さん


RIMG0190
RIMG0190 posted by (C)masa-kono
その後は、この街の名前の由来となった「神石(しろいし)」を見たり・・・

RIMG0192
RIMG0192 posted by (C)masa-kono
和紙でできた人形(8000円なり)を見たのちに宿に向かった。
見所が多くてなかなかいい街だと思う。時間があればもう少し観光したかったな。



RIMG0194
RIMG0194 posted by (C)masa-kono
宿について少し休んだら、お待ちかねの夕食タイム・・・とはいっても一泊7500円なので正直あまり期待していなかった。
ところが・・・
RIMG0195
RIMG0195 posted by (C)masa-kono
オウフ、キタコレ!
本日のお品書きまであるじゃないの。
見た目だけじゃなく味も一品。土鍋で炊いたご飯はしょうががアクセントとなってちょっぴり塩味。これがさらに食欲をそそる。
刺身は安宿にありがちなカピカピに換装しきったものではなく、新鮮でみずみずしい。そして、なんと、ウニ!ウニが贅沢に盛られている!ほど良い苦みが口いっぱいに広がってゆく・・・。

テンションが上がったところで、茶わん蒸しを一口。なんとも言えないやさしい風味が僕のテンションをいったん落ち着かせる。慌ててはいけない。もっと一品一品を味わっていただくのだ。
小鉢の見慣れないオレンジの物体はホヤというもので、話には聞いたことがあったけれど食べるのは初めてだ。けっこう癖があって嫌いな人も多いけれど自分はけっこういけるかも。

そして、ああ、なんということだ。牛タン。牛タンのステーキ!
こういうところにありがちなペラペラのお茶を濁した程度のものではなく、歯ごたえを楽しめるようなしっかりとした厚さ。熱した土鍋にのせると、じゅわ~っと、いかにも食欲をそそるような音を立てながら、その身からあふれんばかりの肉汁をあふれさせ始める。
焼きすぎないように気をつけながら、良い塩梅のところで土鍋からあげて、そのまま何もつけずに口の中に放り込む。すると、あらかじめ仕込まれていたのだろう、シンプルな塩コショウの味が肉汁と渾然一体となって口の中を蹂躙し始める。その美味さといったら・・・。父なんて「おかわりありませんか?」って聞いたぐらいだもの。



十分に食を堪能した我々は、その後クソ熱い温泉で悶絶した後、明日に備えて早めに床に就いたのであった。
父の発する生物化学兵器的超音波(いびき)になかなか眠ることが出来なかったのはいつものことであり、それほど特筆すべき事項ではないだろう。

<つづく>

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

お疲れ様です。
蔵王とは聞いていましたが、場所が皆目見当もついていませんでした(汗
東北だったのですね~。

イベントの感想、楽しみにしてます~。

2013.06.10 11:58 URL | TaQ #- [ 編集 ]

> TaQ君

サイクルエイドは東北復興のイベントなんです。去年は東京~つくばだったけれど、今年は東北の地を走れて良かったです。
イベントの感想お楽しみに!

2013.06.12 21:57 URL | Masa325 #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://masakono18.blog98.fc2.com/tb.php/314-e213ac1e

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。